声優になるには

テレビアニメや映画の吹き替え、さらには歌手としても活躍している声優。活躍している姿を見て「自分も声優になりたい!」と思っている人もいると思います。
では声優とは実際にどんな仕事をこなしているのでしょうか。またお給料はどのくらいもらっているのかも気になるのでは?
声優を目指すためにまずは仕事内容や給料の相場・必要な勉強などについて学んでみましょう!

女子学生 春応援

声優になるために知っておくこと

声優ってどんな仕事?

声優と聞くと一番に思いつくのはアニメや外画のアフレコではないでしょうか。もちろん、どちらも声優の花形の仕事。
ですが声優はこの他にも様々な仕事の依頼が来ます。
例えばテレビ・ラジオ・CMなどのナレーターやドキュメンタリーなどの吹き替え、ゲームソフトのアフレコなども声優の仕事です。
また人気声優になると歌手としてCDを発売したりコンサートを行うことも。そのほかにはゲームやアニメのイベントに顔出しして参加する機会もあるでしょう。

給料の相場

声優の給料は本人の実力・人気によって大きな差があります。
例えば30分アニメ番組のアフレコの仕事なら駆け出し声優は一万五千円で、一番上のランクは四万五千円と決まっています。さらに人気がありランクから抜け出す付加価値を持っている声優はその都度、給料の交渉をすることになります。
30分アニメ番組のアフレコを月4回こなすと一万五千円×4で六万円。
駆け出し声優は一本レギュラー番組を持つだけでは生活費は稼げません。そのためアルバイトをしながら声優の仕事をする人がほとんどです。

声優になる方法は?

声優養成所に通う

声優養成所にはプロダクションが運営しているところ・プロダクションが運営しているわけではないがコネがあるところのふたつに分かれます。
プロダクションが運営する声優養成所は実力がつけばプロダクションの所属声優になれる可能性もあります。しかし、最初に難関の入所テストに合格しなければいけない場合もあります。

声優専門学校に通う

声優専門学校では基礎・応用が身に付けられるカリキュラムが組まれているので、演技経験が無い人でも問題なく始められます。また法律で定められた条件をクリアしている声優専門学校の場合は、学歴にもなるのが特徴でしょう。
またインターンシップとしてプロの現場で実績を積むカリキュラムが組まれている声優専門学校もあります。

声優スクールに通う

正式な学歴にはなりませんが、専門的な技術を短期間で学べるカリキュラムが多く組まれています。登校する曜日や時間が選べるのでダブルスクール・社会人も通いやすいでしょう。

声優になるために必要な勉強

声優になるには様々な能力が必要です。その中でも基礎となるのが「演技力」。
どんなに声質が魅力的でもキャラクターになりきれず、セリフが棒読みではレベルの高い声優から浮いてしまいます。
とくに声優は身体を使わずに声だけで表現しなければいけないため、高い演技力が必須。
つねにキャラクターの気持ちになりきり、それを「声だけでどう表現するか」を実践していく必要があるでしょう。
声優専門学校や養成所・スクールに通う前に準備として、自主練しておくと役立つかもしれません。

まとめ

声優になるには必要な技術がたくさんあり、また進路も人それぞれです。学生時代に養成所からプロダクションに上がりデビューする人もいれば、社会人になってから声優専門学校やスクールに通ってプロになる人もいます。
声優になるにはどうしたらよいか・自分に合った進路はどれかを選び、目標に向かって頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする